ネット販売の利用規約

WEB制作において、「利用規約」を作成する事は、ユーザーと事業主側のお互いの立場を守ったり、トラブルを回避したりする面で大事な役割を果たしてくれます。まず、WEB上でショップをOPENする事で、多くののユーザーが、商品を求めてWEBサイトを訪れる際、商品販売に関する通信販売等の利用規約を、WEBサイト内の目に付く場所に表示されている必要があります。また、難しい複雑な言葉の言い回しで、利用規約が表示される事は、法律上向無効となる可能性もあるので、利用規約の文章については、WEB制作のテキストづくりの中で詳細な注意が必要です。皆さんも、様々な通信販売サイトを訪れたりする中で、利用規約への同意クリックの要求を受けた事があるかもしれませんが、そのような形で、ユーザーが商品の購入を決定すると同様に、WEBサイトの利用規約についても「同意」を示したという証拠が残っている事もWEB制作において、重要な事柄となります。通信販売に関するり「利用規約」は商品を取引する中で、様々なトラブルが発生する可能性がある中で、様々なトラブルを防止するような役割でありますので、商品取引に対する事業主の全面的な責任を放棄するような内容であってはいけません。そのような取りきめは、消費者契約法に基づいて、無効な利用規約であると判断されてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です