レスポンシブデザインの実際

レスポンシブデザインの基本は、ビューポートの設定にあります。ビューポートとは、HTMLの表示領域を調整するコードのことで、ヘッドタグ内で記述します。端末ごとに表示領域を変えられるのは、このビューポートのおかげなのです。ただビューポートだけではレスポンシブデザインは完結しません。同時にメディアクエリも記述しなければならないからです。メディアクエリが必要な理由は、端末ごとに適用するCSSを変更しなければならないからです。例えば、画面幅のピクセル数が小さければスマートフォン用のCSSを適用するために、メディアクエリで調整するわけです。因みにメディアクエリはCSSに直接記述することも出来ますが、HTML内のリンクタグで記述することも出来ます。  さて、そもそもレスポンシブデザインには、苦労して記述するのに足る価値があるのでしょうか。モバイル端末でもストレスなく閲覧できるように調整する方法としては、レスポンシブデザインしかありません。しかもHTMLとCSSでデザインできるため、運用面でも負担が小さい方法と言えるのです。仮にレスポンシブデザインではなく、別の方法でサイトをモバイル端末に対応させようとすれば、サイトを2つ制作しなければならないことになります。この方法を選択するのは自由ですが、間違いなく管理費用は高くなります。  簡単に言えば、レスポンシブデザインは、サイトの完成後の更新等を楽にする働きがあるのです。それを象徴するのが、「モバイル端末における表示の際も、同一のURLになる」ということです。URLが同じならSEOの費用もそれだけ小さくなるはずです。何故なら、リンク付けを無駄に増やさなくて済むからです。 レスポンシブデザインの基本は、ビューポートの設定にあります。ビューポートとは、HTMLの表示領域を調整するコードのことで、ヘッドタグ内で記述します。端末ごとに表示領域を変えられるのは、このビューポートのおかげなのです。ただビューポートだけではレスポンシブデザインは完結しません。同時にメディアクエリも記述しなければならないからです。メディアクエリが必要な理由は、端末ごとに適用するCSSを変更しなければならないからです。例えば、画面幅のピクセル数が小さければスマートフォン用のCSSを適用するために、メディアクエリで調整するわけです。因みにメディアクエリはCSSに直接記述することも出来ますが、HTML内のリンクタグで記述することも出来ます。  さて、そもそもレスポンシブデザインには、苦労して記述するのに足る価値があるのでしょうか。モバイル端末でもストレスなく閲覧できるように調整する方法としては、レスポンシブデザインしかありません。しかもHTMLとCSSでデザインできるため、運用面でも負担が小さい方法と言えるのです。仮にレスポンシブデザインではなく、別の方法でサイトをモバイル端末に対応させようとすれば、サイトを2つ制作しなければならないことになります。この方法を選択するのは自由ですが、間違いなく管理費用は高くなります。  簡単に言えば、レスポンシブデザインは、サイトの完成後の更新等を楽にする働きがあるのです。それを象徴するのが、「モバイル端末における表示の際も、同一のURLになる」ということです。URLが同じならSEOの費用もそれだけ小さくなるはずです。何故なら、リンク付けを無駄に増やさなくて済むからです。 レスポンシブデザインの基本は、ビューポートの設定にあります。ビューポートとは、HTMLの表示領域を調整するコードのことで、ヘッドタグ内で記述します。端末ごとに表示領域を変えられるのは、このビューポートのおかげなのです。ただビューポートだけではレスポンシブデザインは完結しません。同時にメディアクエリも記述しなければならないからです。メディアクエリが必要な理由は、端末ごとに適用するCSSを変更しなければならないからです。例えば、画面幅のピクセル数が小さければスマートフォン用のCSSを適用するために、メディアクエリで調整するわけです。因みにメディアクエリはCSSに直接記述することも出来ますが、HTML内のリンクタグで記述することも出来ます。  さて、そもそもレスポンシブデザインには、苦労して記述するのに足る価値があるのでしょうか。モバイル端末でもストレスなく閲覧できるように調整する方法としては、レスポンシブデザインしかありません。しかもHTMLとCSSでデザインできるため、運用面でも負担が小さい方法と言えるのです。仮にレスポンシブデザインではなく、別の方法でサイトをモバイル端末に対応させようとすれば、サイトを2つ制作しなければならないことになります。この方法を選択するのは自由ですが、間違いなく管理費用は高くなります。  簡単に言えば、レスポンシブデザインは、サイトの完成後の更新等を楽にする働きがあるのです。それを象徴するのが、「モバイル端末における表示の際も、同一のURLになる」ということです。URLが同じならSEOの費用もそれだけ小さくなるはずです。何故なら、リンク付けを無駄に増やさなくて済むからです。 レスポンシブデザインの基本は、ビューポートの設定にあります。ビューポートとは、HTMLの表示領域を調整するコードのことで、ヘッドタグ内で記述します。端末ごとに表示領域を変えられるのは、このビューポートのおかげなのです。ただビューポートだけではレスポンシブデザインは完結しません。同時にメディアクエリも記述しなければならないからです。メディアクエリが必要な理由は、端末ごとに適用するCSSを変更しなければならないからです。例えば、画面幅のピクセル数が小さければスマートフォン用のCSSを適用するために、メディアクエリで調整するわけです。因みにメディアクエリはCSSに直接記述することも出来ますが、HTML内のリンクタグで記述することも出来ます。  さて、そもそもレスポンシブデザインには、苦労して記述するのに足る価値があるのでしょうか。モバイル端末でもストレスなく閲覧できるように調整する方法としては、レスポンシブデザインしかありません。しかもHTMLとCSSでデザインできるため、運用面でも負担が小さい方法と言えるのです。仮にレスポンシブデザインではなく、別の方法でサイトをモバイル端末に対応させようとすれば、サイトを2つ制作しなければならないことになります。この方法を選択するのは自由ですが、間違いなく管理費用は高くなります。  簡単に言えば、レスポンシブデザインは、サイトの完成後の更新等を楽にする働きがあるのです。それを象徴するのが、「モバイル端末における表示の際も、同一のURLになる」ということです。URLが同じならSEOの費用もそれだけ小さくなるはずです。何故なら、リンク付けを無駄に増やさなくて済むからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です