PMBOKとは何か

PMBOK (Project Management Body of KnowLedge 、PMBOKガイド)とはプロジェクトマネジメントの世界標準であり、プロジェク卜運営の神髄が多分に含まれています。 ここではPMBOK の構成と PMBOK を理解する上で鍵となる「プロセス群」と「知識エリア」について解説しようと思います。
PMBOKはいわばプロジェクトマネジメントの教科書のようなもの。
PMBOK (PMBOK ガイド)とは、世界最大のプロジェクトマネジメント協会 (Project Management Institute 、略称 PMI )がプロジェク卜マネジメン卜の知識を体系化したもので、建設、製造、ソフトウェア開発など、多くの産業分野にわたって適用できるよう作られているようです。
プロジェクトマネジメン卜の手法は、長年引き継がれ、実践により証明され、適用できる慣行(ならわし)と、新しく発見された慣行とを折衷し使われていることが多いように思います。
PMBOK も同様に内容の検討を経て進化しており、第1版が出版されて以来、改版を重ね、現在では第4版まで出版されているはずです。
PMBOK は構成が複雑であり、用語が馴染みにくく、とっつきにくい印象があります。しかしプロジェクト運営の神髄とも言える PMBOK には、示唆やノウハウが凝縮されているのは言うまでもないでしょう。本書は各項とも前半は PMBOK をもとにしたセオリーを、後半に実践的なノウハウを紹介し、 Web 制作の各作業とプロジェク卜マネジメン卜との関連性を参照できるようにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です