Webアクセシビリティ

Web アクセシビリティとは、理想はそのサイトを利用するすべての ユーザーが情報に問題なくアクセスできるようにすることであり、その ための Webコンテンツ制作の指針のひとつだ。 Webを利用する人 はさまざまであり、年齢の遣いや身体的な制約、 Webヘアクセスする ためのデバイス環境など、さまざまな条件においてアクセシピリティを 確保しようとすれば、 Webサイトの構造やコンテンツの設計、さらに Webサイト上で提供する機能設計などにも及ぶため、制作段階に 入る前に十分検討しておくべき課題だといえる。また、 Webアクセシ ピリティ確保への取り組みはWebサイトの運用ポリシーのひとつで あり、制作者側だけでなく、 Webサイト運営者であるクライアントも深く理解したうえで適切なポリシーを構築してもらう必要もあり、そのた めの指針の提示などもWebディレクションの要件となる。 実際、 Webサイトやコンテンツの特性や想定するターゲッ卜ユー ザーによって確保するアクセシビリティの範囲(レベル)は異なるとい うのが現実であろう。自治体などWebサイト自体に公共性が高く求め られる場合は、サイト全体において高いレベルでのアクセシビリティ 確保が必要だが、企業サイトにおけるプロモーションコンテンツなど 特定のターゲットユーザー向けに絞り込んだコンテンツでは、視覚的 表現を優先することもある。ただし、その場合でも基本的なアクセシビリティは確保でき、表現性と両立しうるもので あることを認識しておくことが大切である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です