マークアップ言語HTML

HTML( HyperText Markup Language) から出発したマークアップ言語は、これまでさまざまな変遷を経て今日に至っている。 Webの普及に伴い、本来のHTML の役割を超えた視覚表現に関する機能がHTMLに取り込まれたこともあった。このような乱れを正すために、 W3Cは視覚表現を指定するためのスタイルシート言語 cssを策定し、 HTMLとの分離を図った。 一方で、 HTMLはあくまで Webページを記述するための言語として設計されたものであり、時代の要請である汎用的な電子文書や電子データの作成には機能的に不十分であった。また、 HTML の基盤となっているSGML(Standard Generalized Markup Language) の設計には一部陳腐化している部分があったため、新 しい時代にふさわしい基盤言語としてXML( Extensible Markup Language) が策定された。 XMLはHTML のように特定の目的をもった言語ではなく、要素とその関係を記述した文書型定義 を 用意することで、新しい言語を規定することのできる言語である。 XMLを利用すれば、 HTMLのように固定された要素を使うことなく、 その文書やデータに必要な要素をDTDとして自由に定義し、それを 使った文書やデータを作成できる。そのため、 XMLはビジネスにおけ る標準的な文書形式として浸透しつつある。 このように、 HTMLの基盤であったSGMLがXMLとして進化し たために、 HTMLもXMLに従ったものに生まれ変わった。それが HTMLをXMLで再定義したXHTML( Extensible HyperText Markup Language) である 90XHTML は要素や属性などのボキャ ブラリを HTML からほぼそのまま引き継いでおり、 HTML と同じくどの 文書型を採用するかでマークアップの厳格さが異なる@。 なお、現在、新たなマークアップ言語である HTML5が策定中 である。

“マークアップ言語HTML” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です