CSSとXHTML

XHTMLで制作した Webページは、そのままでもデバイスやブラウザで表示できるが、 CSS(Cascading Style Sheets) を利用するこ とで、見た目を詳細に設定することができる。スタイルシート言語には いくつか種類があるが、 Webデザインの世界でスタイルシートとい えば cssを指すのが一般的である

Webページの価値の大半はコンテンツにある。しかし、単に XHTMLで構造化しただけのページでは、内容が理解しにくかったり、 使いにくいことがほとんどである。コンテンツの範囲が色分けされて いないので、どこからどこまでが何の内容なのかわからなかったり、ク リックできる部分がどこなのかすぐに判断できなかったり、文字のサ イズや色にメリハリがなく単調に感じたり、といったことである。このように、見た目は「読みやすさ」や「使いやすさにも大きく影響する。ほ かの人に利用してもらってはじめて、 Webページとしての価値が生まれるのであるから、常にユーザーの立場で適切なデザインを考え、 CSSでスタイリングすることが大切である。

“CSSとXHTML” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です