画像を表示する

imgタグで画像を表示

画像を表示するには、imgタグのsrc属性に、画像ファイルのパスを指定します。Webページに使用できる画像はJPEG(拡張子jpg)、GIF(拡張子gif)、PING(鉱張子png)のいずれかです。デジタルカメラで録影した写真は通常JPEGです。パス名は半角英数字で、大文字・小文字の別は実際のパス名に使われているものにあわせます。src属性を正しく指定するだけでブラウザには画像が表示されますが、仕様上はalt属性に、代替テキス卜を指定することになっています。代替テキストとは画像が存在しない場合や、画像を表示できない環境で、画像ファイルのかわりに表示されるテキス卜のことです。サンプルは、HTMLファイルと同一階層(同一フォルダ内)にある画像を表示しています。ファイル名が間違っている場合など、画像が表示できない場合は、代替テキストが表示されます。

画像が表示されない

画像が表示されないトラブルは多くの場合ファイル名を間違えていることが原因です。実際のファイル名と、HTMLの記述が違っていないかどうか、もう一度確認しましょう。また、HTMLファイルと画像が同一階層にある場合ですが、例えば画像用に別のフォルダをイ乍ってそこに画像を保存しているような場合は、パスの指定を適宜変更する必要があります。例えば、画像を読み込むHTMLファイルと同一階層に「IMAGE」フォルダがあり、そこに画像がある場合は、画像のパスの指定を「フォルダ名/ファイル名」のように変更します。