画像を指定のサイズでする

width-height属性で幅・高さを指定する

画像を表示する場合、imgタグにheight属性・width属性で高さ・幅を指定することができます。幅・高さをピクセル数で指定するか、親要素に対するパーセンテージで指定します。サンプルでは高さを100ピクセルで指定しています。

テキストの代わりに画像を使用

画像をクリックすると、リンク先を呼び出せるようにするには特別なことは必要なく、リンクのテキストの代わりに、商像をimgタグで表示させるだけです。ボタン型に作成した画像を使っても、普通の写真のような画像でも同じです。サンプルではボタン型の画像「button.gif」を使用しています。

画像をクリックするとリンク先が表示される

ブラウザで表示させると、リンクを設定している画像には枠線が付きます。画像をクリックすると、リンク先が呼び出されます。広告の画像をクリックすると、広告元のページにジャンプする、いわゆる「パナー」もこの仕組みを利用しています。